沿革

伝統を常に革新し、時代のニーズに応えた新時代の紙創りを目指します

昭和44年

株式会社マスコー設立。主たる事業目的は、宅地造成及び販売

昭和46年

潤井川製紙株式会社を買収し、個人創業の形で家庭紙事業に進出

昭和48年

潤井川製紙株式会社を、株式会社マスコーに吸収合併
富士宮製紙工場として、家庭紙事業を再スタート

昭和58年

2号抄紙機を新設。ティッシュペーパー事業に進出

昭和61年

1号抄紙機をチリ紙からロールに切り替え。芯なしロールの生産を開始

昭和62年

マスコー製紙株式会社に社名を変更

平成4年

牛乳パック処理原質設備完成

平成6年

自動倉庫と事務所棟の新築完成

平成9年

工場施設を改築および増築

平成10年

物流倉庫(敷地2,800m2、建物一部2階建て延2,251m2)を新築

平成12年

ISO14001を認証取得

平成18年

1号抄紙機を更新

平成19年

ソフトタイプタオルペーパー生産開始

平成21年1月

ISO9001を認証取得

平成22年3月

ソフトパックティッシュ生産開始
東京事務所開設

平成22年12月

エンボスインターフォルダー導入
キッチンペーパー・タオルペーパーライン合理化

平成24年11月

自動インターフォルダー導入
ソフトパックティッシュライン合理化

平成26年6月

自動インターフォルダー導入
キッチンペーパー・タオルペーパーライン合理化

平成28年5月

東京事務所移転

平成28年12月

ソフトパックティッシュライン増設
物流施設拡張